スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包丁とぎ。

コープさんにペットボトルと空き缶のリサイクルで立ち寄ったら
店頭で「堺の包丁研ぎ」がきていました。
包丁研ぎはめったに出没しないうえに、
15年ほど研いでいないので持っていくことにしました。

幸い家は近くなのですが、
包丁を持ち出すという経験がないために、
どうやったら安全に持ち出せるのか。。。
手近にあった段ボールにくるんで持っていきました。

包丁と花鋏を持っていったんですが、
刃物を持ち歩く、というのは
妙に緊張しますね。。。。

持っていくときには
くるんだのをそのまま自転車の籠にのせていたので、
妙なかんじです。



カバンにいれてもっていけばよかったのか。


職人さんらしきおっちゃんが見立ててくれて、
その場で値段を決めていました。

段ボールのをみて、
「これ、危ないからあかんで。新聞紙かタオルに巻き。」と言われました。
そうやったんか~。
それから、
「包丁はスポンジなどで磨いてはいけません。切れ味がわるくなります。
こするときは布で、熱湯で消毒しましょう。」
と書いてありました。

しらんかった~!
白いメラミンスポンジでがしがしこすってた~!


先払いで名前を告げるとレシートが引き換え券になりました。

40分ほどでできるそうです。


引き取りに行ったらべつのおにいちゃんが
寒そうにホットの缶コーヒーを抱きしめていました。

レシートをみせて、名前を告げると
名前を書いた紙にくるまれてでてきました。

研ぎ具合をその場で確認するわけでもなく。。。

カバンにしまったものの、
やっぱり
妙におちつきません。

ささっと家にかえりました。


新聞紙でシンプルながらしっかり巻かれた包丁は
綺麗なうえに、
大根の皮もすぱすぱと切れるようになり、
「こんなにやわらかかったっけ?」とおもうほどの
切れ味になっておりました。


万歳。


包丁研ぎやさん、初体験でした。



読んでくださってありがとうございます。
気に入っていただけたら、ぽちっとクリックおねがいしますね。
投票に参加してみています。

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月下 桜

Author:月下 桜
ひとりごとにしておくにはもったいないつぶやきを徒然と。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。